matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

怪魚 釣り

ベトナムの奇っ怪なアミューズメントパーク、スイティエン公園でワニ釣りした話

投稿日:

はじめに

ベトナムには、スイティエン公園という奇っ怪なアミューズメントパークがあります。
中国のテイストが混じった、糞でかい花やしきのようなものです。
特徴としては、お化け屋敷が多いです。むしろ大体箱物はお化け屋敷です。

こちらには大量のワニを展示している、クロコダイルキングダムというスポットが有り、そこではワニ釣りが楽しめます。

DSC01803

行き方

  1. ベンタイン市場のバスターミナルから「19」番のバスに乗って下さい。6000ドンです。(201407時点)
  2. スイティエン公園と車掌さんに言うと、教えてくれるかもしれません。基本は「mapsme」などのオフライン地図アプリとにらめっこして下さい。
  3. スイティエン公園の入場料を払い、一番奥にあるクロコダイルキングダムを目指して下さい。90000ドンです。
  4. クロコダイルキングダムの後楽勝利用料を払って下さい。30000ドンです。
  5. 更に奥の釣り堀の奥にある係の人から、竿の利用料を買って下さい。1回1竿1エサ3000ドンです。

奇妙奇天烈なアトラクションが多いので、クロコダイルキングダム以外にも散歩してみるといいです。

戦い方

  1. おっさんから、腐った肉が縛り付けてある竹竿を借ります。1回数十円程度です。
  2. 鼻先に肉片を置きます。
  3. ワニが食いつきます
    1. 飲み込ませてストロングファイト
    2. 噛みなおすタイミングで口の外に出させておちょくる

2014-07-30 12.34.53

おっさんから竹竿を借りる

大変理解に苦しむのですが、おっさんから竹竿を借りるために50mほど離れたところに座っているおばちゃんからチケットを購入します。1回数十円程度のコストでした。

2014-07-30 12.26.48

鼻先に肉片を置く

ワニは思ったほどエサを追いかけません。1m前でぷらぷらと誘っても無視します。反面、鼻先に肉片を持ってくると、本当に恐るべき速度でこれを咥えます。

飲み込ませてストロングファイト

普通に引っ張ると、針のついてない釣具ですのですぐにスッポ抜けてお終いです。これを避けるには飲み込ませるか、何らか巻きつけるしかありません。
糸の長さは極めて短いので巻きつけるのは相当困難です、このため戦略としては飲み込ませるしかありません。しかしながらワニも賢くなかなか飲み込みません。運良く飲み込んでくれた場合、かなり楽しい力のやりとりが経験できると思います。

DSC01819

噛みなおすタイミングで、口の外に出しておちょくる

ワニはエサを一気に飲み込むことはしませんでした。何回も何回も咀嚼します。このタイミングで弱い力で引っ張り続けているとやがて口の中から出てきます。これによって何回でも気軽に、ワニの捕食シーンを見ることが出来ます。

2014-07-30 12.07.50

-怪魚, 釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

上海釣具屋事情2

日本への帰国便まで少し時間があったので再び上海の釣具屋へ。
今回は前回回れなかったところを中心に。
「金沙江路,棕榈路 ji1n sha1 jia1ng lu4, zo1ng lv2 lu4 」
のあたりを徘徊する。
前回はこちら。
http://matsutakegohan1.typepad.jp/blog/2011/07/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E9%87%A3%E5%85%B7%E5%B1%8B%E8%A8%AA%E5%95%8F.html

カサゴとアカハタの最低限の下処理

眠いのですけど、魚はエラとワタを出してから保存しないとお話になりません。 今日はカサゴとアカハタがとれたので、何とか下処理だけはこなさないとなのです。 手元にカサゴとアカハタが居るので、手早く処理を行 …

第一精工 カラースポンジシート と日本の心

第一精工 カラースポンジシートは日本の心です。 マルイカの仕掛けを収納するための仕掛け巻きを色々探していました。 仕掛け巻きには、まず丸型と、長方形のものが有ります。 これは長方形のもの一択だと考えて …

6月28日 相模湾のキハダマグロ 宮川港二宮丸

相模湾は毎年6月になると、キハダマグロがやってきます。 これはなかなか大変な釣りで、東京近郊から確率高く?マグロが狙えるのはここだけということで、週末、平日かかわらず多くの人が釣りに訪れます。 本日は …

no image

マルイカとタングステンシンカー

まだマルイカは2回しか出撃していない。 初回はなかなかに良い釣果となった。 それもこれも隣にいた親切なオジサン、通称「師匠」のおかげ。 師匠はいいお歳で100mをこす水深なのに、SHIMANO(シマノ …

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。