matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

アカハタ カサゴ 調理 釣り

カサゴとアカハタの最低限の下処理

投稿日:

眠いのですけど、魚はエラとワタを出してから保存しないとお話になりません。
今日はカサゴとアカハタがとれたので、何とか下処理だけはこなさないとなのです。

手元にカサゴとアカハタが居るので、手早く処理を行います。
なお私はB型なので、本当に適当です。

写真 2014-06-22 21 57 23

 

エラに切り目を入れる

エラの上下に包丁で切れ目を入れます。
あまり力はいりません、いいところに包丁が当たると、すっと入ります。
上は切り離せなくても良いです。下は切り離しておきます。

カサゴやメバルなどの根魚は、色々硬くて痛いです。
私はヘタレなのでキッチンペーパーを使って魚を抑えます。

 

写真 2014-06-22 21 57 41

 

エラとワタを取り出す

切り目を入れたエラに指を突っ込んで、ゆっくり力を入れつつ引き抜きます。
この際ついでにワタもついてきます。
取りきれなければ、人差し指を差し込んで、グリグリして取り出します。
(ワタを出してる途中の写真は、携帯が臭くなりそうなので割愛)

写真 2014-06-22 21 58 44

 

最低限の下処理完成

ワタとエラを出したら、そこに流水を当てて血や余ったワタを取り出します。
これで以上完成。キッチンペーパーでくるんでジップロックに入れ、空気を可能な限り取り除いて冷蔵か冷凍します。
真面目にやるなら、刺をとっておくとか、鱗をとっておくといいかもしれません。

写真 2014-06-22 22 03 32

 

それではおやすみなさい。
カサゴは唐揚げ、アカハタは刺し身か昆布締めかなあ。

写真 2014-06-22 22 14 06

 

 

 

-アカハタ, カサゴ, 調理, 釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボートシーバス ぼっち に乗ってきた話

ボートシーバスをもっと勉強しようと、久々に東京湾のボートシーバスに乗ってきました。 ブログには書いてないですが、3回ぐらい知人のボートを借りてシーバスをやってみたんですが、春の嵐のせいも合って釣果は残 …

マルイカと沖漬け

マルイカといえば沖漬けなのである。 もろもろのサイトを見ていると2つの方針がわかる。 酒、みりん、醤油でつけダレを作る方法(+唐辛子) めんつゆをそのまま使う方法 どうしても凝ってしまうタチなので、つ …

オフショア マルチピース ロッド

マルチピースロッドが好きだ。 遠征の際、様々な諸兄が長い竿を持ち込み、バズーカーでエッチラオッチラやっている横を、すっと通りすぎるのが好きだ。 車に載せる際、「どう入れたらいいかな―」と悩んでいる諸兄 …

宝生丸のマルイカ釣り

寒かった。 土曜日は宝生丸に出撃。 かなり強く冷たい風が吹き荒れ、海はウサギがはねていた。 船が出て15分もしないうちにポイントに。勝山港からすぐ。 何回か流すが、ぽつ、ぽつと言うところ。 自分には1 …

ベトナムの奇っ怪なアミューズメントパーク、スイティエン公園でワニ釣りした話

はじめに ベトナムには、スイティエン公園という奇っ怪なアミューズメントパークがあります。 中国のテイストが混じった、糞でかい花やしきのようなものです。 特徴としては、お化け屋敷が多いです。むしろ大体箱 …

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。