matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

アカハタ カサゴ 調理 釣り

カサゴとアカハタの最低限の下処理

投稿日:

眠いのですけど、魚はエラとワタを出してから保存しないとお話になりません。
今日はカサゴとアカハタがとれたので、何とか下処理だけはこなさないとなのです。

手元にカサゴとアカハタが居るので、手早く処理を行います。
なお私はB型なので、本当に適当です。

写真 2014-06-22 21 57 23

 

エラに切り目を入れる

エラの上下に包丁で切れ目を入れます。
あまり力はいりません、いいところに包丁が当たると、すっと入ります。
上は切り離せなくても良いです。下は切り離しておきます。

カサゴやメバルなどの根魚は、色々硬くて痛いです。
私はヘタレなのでキッチンペーパーを使って魚を抑えます。

 

写真 2014-06-22 21 57 41

 

エラとワタを取り出す

切り目を入れたエラに指を突っ込んで、ゆっくり力を入れつつ引き抜きます。
この際ついでにワタもついてきます。
取りきれなければ、人差し指を差し込んで、グリグリして取り出します。
(ワタを出してる途中の写真は、携帯が臭くなりそうなので割愛)

写真 2014-06-22 21 58 44

 

最低限の下処理完成

ワタとエラを出したら、そこに流水を当てて血や余ったワタを取り出します。
これで以上完成。キッチンペーパーでくるんでジップロックに入れ、空気を可能な限り取り除いて冷蔵か冷凍します。
真面目にやるなら、刺をとっておくとか、鱗をとっておくといいかもしれません。

写真 2014-06-22 22 03 32

 

それではおやすみなさい。
カサゴは唐揚げ、アカハタは刺し身か昆布締めかなあ。

写真 2014-06-22 22 14 06

 

 

 

-アカハタ, カサゴ, 調理, 釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第一精工 カラースポンジシート と日本の心

第一精工 カラースポンジシートは日本の心です。 マルイカの仕掛けを収納するための仕掛け巻きを色々探していました。 仕掛け巻きには、まず丸型と、長方形のものが有ります。 これは長方形のもの一択だと考えて …

ダイワ ドラゴンシンカー Tg の誘惑に負けてしまった話し

明日のマルイカを控えて、物欲に負けてしまいました。   左からどれも同じサイズの錘、フジワラのスカリー、ダイワのマルイカシンカー、そしてダイワのドラゴンシンカーTg。 フジワラのスカリーは名 …

船橋のシーバスのウェーディングとウェーダー修理

昼潮のうちに地形調査は済ませたはずだった。 しかしまじめに釣りをしていないと勘も何も鈍る。 コードを書いていないと設計が鈍るのと同様に。 Cap Ferret – Arcachon &#8 …

イシナギ取ったどー!!

イシナギという魚がおります。 イシナギ(石投、Stereolepis doederleini、英名:Striped Jewfish)はスズキ目スズキ科に属する海水魚。モロコとも呼ばれるが、ハタ科のクエ …

マルイカの釣り方

たった4回しか行ってないのに、何を語るというのか。 とは言え、ここまでで自分が学んだことをまとめようと思います。 マルイカ釣りに必要なもの 60号程度の7:3か8:2調子の釣り竿 ハイギヤの軽いベイト …

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。