matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

シーバス 釣り

ボートシーバス ぼっち に乗ってきた話

投稿日:

ボートシーバスをもっと勉強しようと、久々に東京湾のボートシーバスに乗ってきました。
ブログには書いてないですが、3回ぐらい知人のボートを借りてシーバスをやってみたんですが、春の嵐のせいも合って釣果は残念の極みでした。
リベンジなのです。
結果は大勝利の、船中192匹。自分が何匹釣ったのかも思い出せません。

IMG_20140413_164319

最初に向かったのは、袖ヶ浦の給油上。
ボートシーバスの本当に有名なポイントです。
実際に現地に到着すると、先行者あり。

こちらでは同行者が2匹を上げるだけにとどまり、続かない。
10分もしたタイミングで、船長は移動を決定。

30分ほど移動して、海ほたるの裏側にて大規模な鳥山を発見。
ここからが劇的なドラマの始まり。

鳥山をバイブで打つと、連続したバイト、バイト、バイト。
当たりのないcastがあると違和感がある状態。

夢中になりつつも、ふと隣を見ると船長がジギングをしている。あっさり釣ってる。
試しにこちらも行ってみると、基本的に着底しない。
その前にあたりが出てしまう。

だいたいサイズは50〜70センチ程度。
どれも良くイワシを食べていて、元気で腹がパンパン。
釣った魚の1/3はイワシを吐き出していたように思った。

IMG_20140413_142048

これだけ反応があると、色々なことを試したくなる。
ストップ&ゴーがこれだけ反応があるということを知ることが出来たし、フォールのあたりを取る際の微妙な間などもずいぶんと洗練することが出来た。
フックの付け方を色々試してみて、頭にシングルフックより、ケツにトレブルフックより、ケツにダブルフックのほうが効率的かなと思うようになった。

船長に聞くと、春の間はこういう釣りが楽しめるとのこと。
23ftの自分の乗り回せる船でここまで来れるかどうか。

タックル:パームス ベイマチック 66ML, メジャークラフト days seasons
リール:カルディアKIX 2506、メタマグ7
ライン:不明、0.8号〜1.2号
リーダー:バリバス ナイロンリーダー30lb
ルアー:寿限無 55g? 黒、どこかのメタルバイブ

-シーバス, 釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プレジャーボートでシーバスを釣りに行ってきた

知人の所有しているプレジャーボートが夢の島にあります。 これをたまにお借りして釣りに行くことがございます。 最初は風の塔へ。 10mあたりに怪しい反応があるものの、シャクっても何もこない。 しばらく粘 …

船橋のシーバスのウェーディングとウェーダー修理

昼潮のうちに地形調査は済ませたはずだった。 しかしまじめに釣りをしていないと勘も何も鈍る。 コードを書いていないと設計が鈍るのと同様に。 Cap Ferret – Arcachon &#8 …

オフショア マルチピース ロッド

マルチピースロッドが好きだ。 遠征の際、様々な諸兄が長い竿を持ち込み、バズーカーでエッチラオッチラやっている横を、すっと通りすぎるのが好きだ。 車に載せる際、「どう入れたらいいかな―」と悩んでいる諸兄 …

イシナギ取ったどー!!

イシナギという魚がおります。 イシナギ(石投、Stereolepis doederleini、英名:Striped Jewfish)はスズキ目スズキ科に属する海水魚。モロコとも呼ばれるが、ハタ科のクエ …

マルイカリールあれこれ

マルイカリールに求められる性能は以下かなと考えています。 100mの水深から、「はい上げてー」と言われて巻き取れるハイギア 同様の深さから巻いても疲れないロングハンドル 1号が200mまけるラインキャ …

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。