matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

タックル マルイカ 釣り

第一精工 カラースポンジシート と日本の心

投稿日:

第一精工 カラースポンジシートは日本の心です。

IMG_20140227_110755

マルイカの仕掛けを収納するための仕掛け巻きを色々探していました。

仕掛け巻きには、まず丸型と、長方形のものが有ります。
これは長方形のもの一択だと考えています。丸型ですとどうしてもスッテの収納に苦しむ絵面しか思い浮かびません。
スッテが干渉しあったり、糸を出す際にスッテに引っかかったり。

となると長方形一択です。
ここでよくある安価な、白い発泡スチロールの仕掛け巻きを使ってみたのですが、だんだん糸のテンションに負けてお辞儀をするようになってしまいます。

第一精工 カラースポンジシート が何が素晴らしいって、スポンジとスポンジの間にかなり硬いスポンジが挟まっていて、そういうことが発生しないようにできています。

IMG_20140228_223932
更にハッピーな事に、ケースとセットで販売しているところがあります。
マルイカの仕掛けですと、仕掛け巻きをそのまま普段の仕掛けのように、ジップロックに入れると悲しいことが置きます。
なのでケースにちょうど収まる感じというのは実にハッピーなのであります。

ずいぶんと細かいところなんですが、こういう気配りは日本の道具だな~とほっこりした次第でした。

-タックル, マルイカ, 釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スウェーデンのゴットランド島でブラウントラウト釣り

スウェーデンのストックホルムとゴットランド島は、魔女の宅急便ののモデルになった街と言われています。世界一周旅行中の私達ですが、こういったものにはめっぽう弱く両方訪れました。このゴットランド島はヴィズビ …

no image

マルイカとタングステンシンカー

まだマルイカは2回しか出撃していない。 初回はなかなかに良い釣果となった。 それもこれも隣にいた親切なオジサン、通称「師匠」のおかげ。 師匠はいいお歳で100mをこす水深なのに、SHIMANO(シマノ …

マルイカリールあれこれ

マルイカリールに求められる性能は以下かなと考えています。 100mの水深から、「はい上げてー」と言われて巻き取れるハイギア 同様の深さから巻いても疲れないロングハンドル 1号が200mまけるラインキャ …

ダイワ ドラゴンシンカー Tg の誘惑に負けてしまった話し

明日のマルイカを控えて、物欲に負けてしまいました。   左からどれも同じサイズの錘、フジワラのスカリー、ダイワのマルイカシンカー、そしてダイワのドラゴンシンカーTg。 フジワラのスカリーは名 …

マルイカの釣り方

たった4回しか行ってないのに、何を語るというのか。 とは言え、ここまでで自分が学んだことをまとめようと思います。 マルイカ釣りに必要なもの 60号程度の7:3か8:2調子の釣り竿 ハイギヤの軽いベイト …

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。