matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

アウトドアウェア シーバス 釣り

船橋のシーバスのウェーディングとウェーダー修理

投稿日:

昼潮のうちに地形調査は済ませたはずだった。
しかしまじめに釣りをしていないと勘も何も鈍る。
コードを書いていないと設計が鈍るのと同様に。

Cap Ferret - Arcachon - Océan Atlantique - Picture Image Photography
Cap Ferret – Arcachon – Océan Atlantique – Picture Image Photography / Grand Parc – Bordeaux, France

というわけでここって安全だよねって気分で歩いていた夜の海で、
牡蠣ガラの絶壁を踏み外し海中に転倒した。土曜の夜の話である。

夜の海でやられるのは楽しい気持ちではないがそれほど絶望的でもない。
特に都会の海はさまざまな工場の明かりなどがあり十二分に見える。
うがあ、と叫びながら復帰する。

こんなこともあろうかと仲間内はみなカヌージャケットを着用している。
カヌーは冬のツーリングでも転倒前提なので、海水に入ってもすぐ復帰したら水はあんまり入ってこない。
ウェーディングするひとすべてにお勧め、ウェーディングジャケットはしょぼい。

そんなわけで転倒後は何もなかったかのようにつりを継続した。
しかし数時間がんばるが潮が動かず坊主。
軽くへこむ。

海には1000000000000000000000000匹ぐらいの海老がいた。
カメラを実家においてきたようで、お見せできないのが残念。
その日海はとても澄み渡っていたのに、少し浅い場所に目を向けると白くにごって見えた。
えびがわきすぎていたのだ。

そして水深10センチのところでボラやシーバスが口をあけていた。
優雅に口に勝手に入ってくるえびを食べているのだ。
われわれが近づくと逃げていく、ルアーを投げても反応しない。
そうだろう、別に魚を追うリスクを負わなくてもご馳走にありつける。
そりゃつれない。

しかし干潟の圧倒的な力に驚き感動させられた。
そういえば釣りをしている最中に数度アマモが引っかかった。
一度死に掛けた三番瀬は着実に復活している。

そして帰路でふと気がつく、右足のひざが冷たい。
思い出す。
転倒時に強く右足を打ち付けていた。
打ちつけた先には牡蠣ガラ、天然ののこぎり。

あうー

陸に上がってみると完全に右足は濡れ濡れ。
この季節だからよかったが12月などにこれをやると凍傷の危険性がある。

というわけで修理。
早くて二週間、穴一つにつき500円程度とのこと。
思いのほか安いので買い替えを中止する。

治るまでウェーディングできーん
なえるー
どうすっかなもー。
一年で一番熱くなる時期なのにー。

ところで釣りをする人は投げつりかウェーディングをするべきと強く熱弁したい。
理由はキャストがきれいになる。
僕は仲間内では一番飛ばないほうだが、前職の釣り部ではたぶんそこそこ飛ばすほうだ。
理由は単純にほかのメンバーが投げ方を知らないからだと思っている。
単純な腕力や道具では明らかに彼らのほうがいいものを使ってるのだから。

キャストはすべての基本である。
それは確実に自分のものにする必要がある。

-アウトドアウェア, シーバス, 釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オフショア マルチピース ロッド

マルチピースロッドが好きだ。 遠征の際、様々な諸兄が長い竿を持ち込み、バズーカーでエッチラオッチラやっている横を、すっと通りすぎるのが好きだ。 車に載せる際、「どう入れたらいいかな―」と悩んでいる諸兄 …

no image

マルイカとタングステンシンカー

まだマルイカは2回しか出撃していない。 初回はなかなかに良い釣果となった。 それもこれも隣にいた親切なオジサン、通称「師匠」のおかげ。 師匠はいいお歳で100mをこす水深なのに、SHIMANO(シマノ …

マルイカリールあれこれ

マルイカリールに求められる性能は以下かなと考えています。 100mの水深から、「はい上げてー」と言われて巻き取れるハイギア 同様の深さから巻いても疲れないロングハンドル 1号が200mまけるラインキャ …

マルイカに、また負けた話

マルイカって、絶滅危惧種なんじゃないのか。   本日は、ミクシィで知り合った皆様と仕立てでマルイカ。二週連続なのである。 天気は宜しくなく、強い風と雨が吹く一日。 最初は横須賀の方で始めるが …

第一精工 カラースポンジシート と日本の心

第一精工 カラースポンジシートは日本の心です。 マルイカの仕掛けを収納するための仕掛け巻きを色々探していました。 仕掛け巻きには、まず丸型と、長方形のものが有ります。 これは長方形のもの一択だと考えて …

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。