matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

マルイカ 料理 釣り

マルイカと沖漬け

投稿日:

マルイカといえば沖漬けなのである。

IMG_20140223_202938

もろもろのサイトを見ていると2つの方針がわかる。

  • 酒、みりん、醤油でつけダレを作る方法(+唐辛子)
  • めんつゆをそのまま使う方法

どうしても凝ってしまうタチなので、つけだれを自分で配合してみた。
ネットの調査結果だと、1:1:1が多いように見えたが、どうしても醤油の塩辛さとみりんの甘さがそんなに多くていいのかと悩んでしまう。
今回は 酒:醤油:みりん=2:2:1 で作ってみた。

20140222_沖漬けのタレ

起き上がり後に漬けたイカを、5時間立ってからざるに上げる。
これも諸説合って5〜24時間と言う定説の中で、薄いのは取り返しがつくが、濃いのは無理という理屈で最短で上げる。

沖漬け

その後、特に特別な事はせずに輪切りにする。
皮をむかないといけないとかと思っていたがそんなことはなかった。
くちばしはやばそうだったのでそれだけ取り除く。

途中、墨袋に触った結果、沖漬け全体が黒くなった。

IMG_20140223_203630

感想としては、薄味、上品、イカの甘さが強く、もっと醤油を聞かせるべきだったかもしれない。
次は同じ配合でもう少し長めにつけてみたい。
2.5Lも作ったつけだれが、半分も使わなかったので冷凍庫にあるというのが主な理由ではある。

ゆずの皮を落としたり、七味をかけてもいいのかも。
マルイカ釣りは面白い。

 

 

 

-マルイカ, 料理, 釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オフショア マルチピース ロッド

マルチピースロッドが好きだ。 遠征の際、様々な諸兄が長い竿を持ち込み、バズーカーでエッチラオッチラやっている横を、すっと通りすぎるのが好きだ。 車に載せる際、「どう入れたらいいかな―」と悩んでいる諸兄 …

マルイカの釣り方

たった4回しか行ってないのに、何を語るというのか。 とは言え、ここまでで自分が学んだことをまとめようと思います。 マルイカ釣りに必要なもの 60号程度の7:3か8:2調子の釣り竿 ハイギヤの軽いベイト …

船橋のシーバスのウェーディングとウェーダー修理

昼潮のうちに地形調査は済ませたはずだった。 しかしまじめに釣りをしていないと勘も何も鈍る。 コードを書いていないと設計が鈍るのと同様に。 Cap Ferret – Arcachon &#8 …

宝生丸のマルイカ釣り

寒かった。 土曜日は宝生丸に出撃。 かなり強く冷たい風が吹き荒れ、海はウサギがはねていた。 船が出て15分もしないうちにポイントに。勝山港からすぐ。 何回か流すが、ぽつ、ぽつと言うところ。 自分には1 …

no image

マルイカとタングステンシンカー

まだマルイカは2回しか出撃していない。 初回はなかなかに良い釣果となった。 それもこれも隣にいた親切なオジサン、通称「師匠」のおかげ。 師匠はいいお歳で100mをこす水深なのに、SHIMANO(シマノ …

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。