matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

未分類

海洋建築学科で学んだ物作りの順序

投稿日:

  • 前提条件を理解する、例えば天王洲のこの敷地、というように地図単位で課題が送られる。当然土日を使って!現場を押さえに行く。
  • 前提条件を活かしたコンセプトを作成する
  • コンセプトに基づいて模型を作り、ラフな図面を作る
  • 教授にレビューしてもらい、泣かされる。
    • まずコンセプトについて壮絶な可愛がりを受ける
    • 次に全体的なデザインについてコンセプトに基づいているかどうか徹底的に詰められる
    • 細部一つひとつについて理由を問われる、理由がないと理由を考えるかボツ。
  • 基本的に毎週図面も模型もつくり直しレビューを受ける。週1から2で徹夜する。
  • やがて大きな図面や模型の修正点がなくなる。細部のツメは継続される。
  • プレゼン手法についてレビューを受ける。
    • プレゼンの紙の選び方、フォント、写真のとり方、配置の仕方、etc、考えられるもの全てについてコンセプトに合ってるのか、理由があるのか教授に詰められる。
    • これも後半毎週作り直し、といっても3回ぐらい。
    • 写真を取るのにmくんの家の屋上がいいよね、明後日が晴れだから模型はそれにあわせないと、というような悩ましい会話が始まる。
  • 最後にプレゼンを行ない、容赦なくCがつく。涙を流す。
  • 自分がSをとったのは4年生の最後だけだった。

なんだかとても懐かしくなって昔を思い出しながら羅列してみた。
いくつかは思い違いがあるかもしれないがだいたいこういう感じだった。

コンピューターの世界で違和感を感じるのは継続したレビューと作り直しの文化が少ないことと「デザインのためのデザイン」で触れられていて、ああたしかになと思いだしたのも影響しているのかもしれない。 

課題をこなすのにも個性があって面白かった。
綺麗にまとめてくる人、面白くないデザインだけど適切に徹夜なくまとめてくる人、全然間に合ってなくてみんなで協力して模型をつくっらないと間に合わないけど非常に面白いものを用意する人、サリエリみたいになってる人。
物作りも人それぞれで、アウトプットも人それぞれで、多分何を期待するのかによって誰に何を作らせるのかも変わってくるんだろうなと思わされた。
固くまとめる人には家を作って欲しいだろうし、アーティストには美術館みたいな。 

特にまとめる気はない。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

慶応大学病院のレストラン・オアシス

no image

NOVA

本日はマシュー。 マシューといえば赤毛のアン。 「Hi takeshi, my name is Mathew」「Mathew?, Are you shy guy like Mathew in ,,,, …

no image

戦場の絆

そげキングと呼んでもらってもかまわない。 なんだか狙撃手とリズムがあった。 ・常に右上のレーダーを見る・スコープを覗くのはいいとこ2秒以内。・のこのこまっすぐ歩いてるやつはとりあえず当てておく。・ジャ …

no image

グレンフィディック12年

☆☆☆☆ 正直もう大体2000円後半からのウィスキーはどれもうまいよね。記録をつけても無駄なような気もしてきた。それぞれ個性あってうまいようまいよ。一生かかっても飲みきらないよないよ。 香り:やっぱり …

no image

Shuttle Launch Seen From ISS…

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。