matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

ファッション

伊勢丹のオーダーシャツをセールで買った話

投稿日:

最近私も年を取ってきたので、そろそろ会社にシャツを着ていくかと悩んでおります。

shirt
カジュアルなジャケットも揃えつつあります。
首と袖を守らないとジャケットはすぐ臭くなります。生地が痛みます。
そのためにシャツを着用する必要があるのです。さて、みなさんのYシャツはどこで買いますか?
ワイシャツはスーツで働く人、ビジネスカジュアルで働く人にとっては消耗品。
そりゃ僕だってお金がジャブジャブあったらorianのシャツを使い捨てしたいところですが世の中そんなもんではありません。

なんで使い捨て?
アイロンをかけるほど暇な人生を送ってないでしょう。

そうなると心強い味方はユニクロのイージーケアシャツでしょうか。
http://store.uniqlo.com/jp/store/feature/easycareshirts/l3men/
一着3000円で品質はまあまあ。サイズは合わないっちゃ合わないですがそこは割りきって。

割り切れたら人生苦労しませんよね。

という訳で数年前からちょいちょい利用しているのは伊勢丹のセール。
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/event/1110mens/measure.jsp
2着でノンアイロン記事のワイシャツが10500円。
体にあったシャツが作れて1枚5000円。いいじゃないの。

シャツのたぐいは体に合うというのは、似合うという点について非常に重要だと思っています。
なんで合わないシャツを3000円で買うのかと、2万円で買うのかと(買ったことないけど。)

オーダーシャツのコツについて。
1枚目はまず間違いなく外します。

ちゃんと測ってくださるのですが、微妙な人間の好みはなかなか。
可能なかぎり安く1枚目を作って、どこをいじったら良くなるかを見て、それから好みのものを定期的に作るのがいいかと。
もちろん体型の変化があるので、毎回採寸し直しつつ、過去のデータを比べつつ、一つ前のシャツを持っていくといいかもです。

—–その後起きたこと—–

到着したシャツを着てみると、胸がきつい、手の長さが異常に長い、着丈が短め。
あれあれあれ、と思ってお電話してみる。

私   「〜〜〜というわけなんです」
店員さん「申し訳ございません、ぜひお宅に伺って採寸しなおした上で作りなおさせて下さい。もし生地がなかったら非常に申し訳ないのですが、そこからお選び下さい。」
私   「いやいやいやいや、セールで買ったものにそこまでされては申し訳ないです。」
店員さん「いえ、お客様に御迷惑をお掛けしているわけですから(略」

結果として自分が伊勢丹に伺うことに。
チーフの方が担当されて採寸しなおしてみると、あちこち問題が。チーフが難しい顔をしている。
最終的に1/3ぐらいのパラメータが変わっていた。

こののち特急で仕上げていただき、再び伊勢丹に行き、試着して、チーフのOKが出て晴れてワイシャツは自宅に。
長い道のりでしたがここまでしていただくと非常にありがたく、また伊勢丹で買おうという気持ちになりました。

-ファッション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

BrooklynMuseum

今日は会社がさっさと終わったのでわくわくしながら表参道のBrooklynへ。 今日は初のBrooklynMuseumのお店訪問。 そんなレビュー。 Brooklyn Brooklynの本店は表参道の交 …

佐藤テーラーのオーダーシャツでひどい目にあった話

佐藤テーラー(SatoTailor)は結構お気に入りのお店で、八丁堀にあるパターンオーダーのお店。最近は赤坂と九州にもある。 こちらで作ったスーツは体に合い非常に重宝させてもらっている。 夏用のスーツ …

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。