matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

未分類

千葉の狩猟

投稿日:

最近は狩猟に凝っています。

本年度は、初年度ということもあり数々の先輩方に指導を受けながら、千葉、茨城、北海道の許可を得て様々な獲物に向かっています。
鹿、イノシシ、鳥と一通り経験したところ、大変性にあっておるのが鴨猟です。

なんといってもテンポが良い。

シカはずっと探し続けるか、グループ猟でかなり待の多くなる量になります。
イノシシは勢子は動きがあって楽しそうにも見えますが、近頃膝を壊してしまって山を歩くのが厳しくなってきました。
また、撃つ方ですとこれまた待ち時間が長くてなかなか辛い。2時間ほど勢子の方が探しに探して、その山にいないという話になるとただただ辛い。

この点、鴨猟は良いです。

池を回る、鴨がいる、準備して撃つ。
池を回る、鴨がいない、次の池に行く。

途中田舎道を流していると、キジがひょっこりいたりして楽しめます。

何度か鴨猟に先輩に同行させていただき、なんとなくのパターンが見えてきました。

  • 池の大小はそこまで大きな要素ではない
  • 鴨が身を隠せる葦やオーバーハングがあること
  • そこそこ空が開けていて、鴨が安全を確認できる程度に開けていること
  • バックストップが確保されていて、銃が撃てること
  • 民家から程よく離れていること

そんなこんなで、千葉県の鳥獣保護区等位置図を片手に、もう片手に航空写真を見ながら、今までの経験を元にポイント探しをしている毎日です。
なんで千葉といいますと、知人が最近千葉に拠点を構えまして、そちらで許可をとったので合わせた次第。
都心から近く、利根川沿いの猟区や、君津のイノシシ、各種の野池の鴨など色々できるのも魅力です。(シカは許可制なので難しい)

本日もその関連で千葉に。

野池A:誰かが前日に猟をした後あり。おそらくカルガモを2羽仕留めている様子
野池B:ものすごく遠くに1羽のマガモがいるもすぐ飛び立つ
野池C:柵があり入れないためがっかり。奥には無限に鴨の鳴き声が
野池D:薬莢を拾う。減水のせいか鴨の姿は見えない
通りがかった銃猟禁止のダム:100羽ぐらいの鴨が泳いでいて悲しむ
通りがかった禁猟区の水路:丸々としたカルガモが8羽ぐらい泳いでいた。
通りがかった禁猟区の野池:ハシビロ?オナガ?マガモ?などが悠々としていた。

一つ一つの野池について、道の有無を確認する。
一周できるような野池だと、もしかしたら対岸に釣り人が居るかもしれません。
道があるかどうかを知っておくと、どう撃てる、ということにもつながりますし、矢先をケアするときの気持ちも変わります。

色々回ってみて、鴨は賢いなあ、と言う印象。
撃てないところにはいつもいて、撃てるところでは滅多にいない。
撃てて回収も簡単なところなんて本当にレアなのだと思う。

本日の唯一のチャンスは、通りがかった小川でキジがボーっとしていた。
矢先の90度左の少し離れたところに民家が合ったため、自分の散弾銃は空気を読んで同行者の空気銃にお任せ。
残念ながら用意している間に走ってどこかに行ってしまった。

また、林道を走っていると子狐が前を横切りました。
銃を用意するまもなくボサの中へ。
こんなものを採れる日が来るのかと不安です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Junkmetal

[JUNKMETAL] JM良晒しB鯖(完全Ver) いつの間にか上がっていた動画。自分も仲間に入れてもらえてとてもうれしい。akiakiさんとかvinさんとか、自分より活躍した人は多いのに。私は後半 …

no image

金欠

no image

足跡

思えばmixiもdaysも、いつのころか足跡には 「Fxで大もうけ!」「中国かぶってすごい☆」「未公開株が!」「一人で寂しいです・・・」 見たいな人ばっかり。 まともな足跡はまず見つからない。これがう …

no image

It’s not close to zero, it is zero.

件名はなぜか心に刺さったんだけど、うまく処理できてない文字列。どこが何に刺さったんだろう。 関連

no image

フリーザ様に学ぶフリーター問題

センスいいなあ http://news4vip.livedoor.biz/archives/50866855.html 394 日本始まったな 投稿日:2006/12/06(水) 21:26:46 I …

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。