matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

狩猟

2013年度の狩猟、最終日

投稿日:

2014年2月11日、真夜中に海ほたるのトンネルを抜けて、千葉側に出るとそこは雪国でした。

IMG_20140211_053656

「あーこの景色北海道で見たことあるなー。」
という景色が眼前に広がり、視界は30m程度に遮られます。
みるみるうちに雪は積もっていき、センターラインが見えない状態に。

そして借りたレンタカーは、ノーマルタイヤ。

死ぬかなと思いながら、50キロぐらいでとろとろと館山まで何とか辿り着く。
当然のように、日の出にポイントに入ることはできなかった。

今日は2013年の自分で開拓した、館山のポイントの集大成。
一番可能性が高そうなところを、猟友と一緒に手早く回る。

鉄板と勝手によんでいるポイントには、いつもの様に鴨が入っていた。
空気銃の猟友に出して貰って、散弾で落とす作戦で行くが、鴨はすべて矢先的に無理な方向へ飛んで行く。
出し方にもコツが有るのだろう、まだまだ学びが足りない。

その他いくつかのポイントを回る。1箇所だけカモがいたが射程外。
来年はゴムボートでも用意しないといけないのかなーとか考える。

ポイントを回るたびに、薬莢などハンターの痕跡を確認する。
そういうことをしていると、いくつかの有望と思ってたポイントはそうでもなくて、可能性が薄いと思っていたところに痕跡があり惑う。まだまだわからないことだらけ。

途中の畑でキジバトが降りてきたのを見て、猟友が空気銃で仕留めたのが最後になった。
ムクドリは無限に畑に降りていたので、打てばよかったとも思いつつ5号の弾しか持ってなかったので断念。

というわけで坊主。

-狩猟

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鴨猟と事前準備と狩猟違反を考える

千葉や茨城は禁猟区が多いな、という印象です。後は北海道しか知らないのですけど。 海岸線も多くは禁漁であり、主だったダムも禁漁です。 猟区であっても、民家の入り組み方が多く、発砲する際の矢先の確保が難し …

茨城のキジバト

先輩猟師に伺うと、大雪の日のキジバトは容易らしい。 食べるものがなくて、田んぼに降りてくるとのこと。 待っていたら次々にくるよ。 そんな言葉を思い出しつつ、車を走らせていると雪景色の田んぼをキジバトが …

北海道の狩猟の思い出

2013年の8月に狩猟免許に合格し、9月に銃の所持許可がおり、10月に北海道の狩猟者登録が完了しました。 そしてとうとうの北海道狩猟旅行。自分をこの道に引っ張った悪い先輩方とご一緒させていただきました …

銃砲と引っ越し

東京から千葉に引っ越しをしました。 狩猟を趣味とする人間として、引越しに伴う諸々の手続きの中で最も緊張感が在るのが「猟銃・空気銃所持許可証」の書き換えではないでしょうか。 基本的にこの処理は各都道府県 …

13-14年の狩猟を振り返る

今期デビューしていろいろな経験をさせていただきました。 日本国で銃をぶっぱなす上で、気軽にポンポン行くわけもなく、多くの人に助けていただきました。 利用した方法 猟友会のイベント 銃砲店のイベント 北 …

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。