matsutakegohan1's blog

matsutakegohan1(きゅーぞう)による、釣り、狩猟、技術?、セキュリティ?、その他の話

マルイカ 釣り

宝生丸のマルイカ釣り

投稿日:

寒かった。

20140222_宝生丸

土曜日は宝生丸に出撃。
かなり強く冷たい風が吹き荒れ、海はウサギがはねていた。

船が出て15分もしないうちにポイントに。勝山港からすぐ。
何回か流すが、ぽつ、ぽつと言うところ。
自分には1度2度、墨をかけられたあとがあったかなと言う程度。

20140222_宝生丸_死にかけ

既に心は折れかけている。

11時頃に館山沖に移動。
いつもアジロボートで釣りをしているあたりの沖のエリア。
75mぐらいの水深で、ようやく良い流しがある。

パタパタパタとみな釣れていて、自分も数匹。
落として、少し叩いて、待っているとぐいっと穂先を5mmぐらい引いてくれるパターンと
スッテをフワフワさせている間に違和感を感じて合わせると乗っているパターンが合った。

新調した釣り竿で、まともに魚を釣ったのは初めて。
短い竿がマルイカでは流行っているが、たしかに穂先を見やすく軽く、取り回しが良かった。

20140222_宝生丸_沖漬け

結果、なんとか5杯釣り上げて終了。
帰りしなに、ザルに以下を開けて海水を吐かせてから沖漬けのタレの中にドボン。
実に後が楽しみである。

つけダレは取り敢えず日本酒、醤油、みりんを1:1:0.5+唐辛子少しだけ。
美味しいのかどうかはこれからの判断。

全体を通しては、トップ12杯。かなり厳しい日となりました。

■タックル

ロッド ダイワ Aブリッツ モバイル 150
リール シマノ 07メタニウムMg 7
仕掛け ヤマシタの直ブラの既成品

-マルイカ, 釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プレジャーボートでシーバスを釣りに行ってきた

知人の所有しているプレジャーボートが夢の島にあります。 これをたまにお借りして釣りに行くことがございます。 最初は風の塔へ。 10mあたりに怪しい反応があるものの、シャクっても何もこない。 しばらく粘 …

第一精工 カラースポンジシート と日本の心

第一精工 カラースポンジシートは日本の心です。 マルイカの仕掛けを収納するための仕掛け巻きを色々探していました。 仕掛け巻きには、まず丸型と、長方形のものが有ります。 これは長方形のもの一択だと考えて …

船橋のシーバスのウェーディングとウェーダー修理

昼潮のうちに地形調査は済ませたはずだった。 しかしまじめに釣りをしていないと勘も何も鈍る。 コードを書いていないと設計が鈍るのと同様に。 Cap Ferret – Arcachon &#8 …

カサゴとアカハタの最低限の下処理

眠いのですけど、魚はエラとワタを出してから保存しないとお話になりません。 今日はカサゴとアカハタがとれたので、何とか下処理だけはこなさないとなのです。 手元にカサゴとアカハタが居るので、手早く処理を行 …

マルイカリールあれこれ

マルイカリールに求められる性能は以下かなと考えています。 100mの水深から、「はい上げてー」と言われて巻き取れるハイギア 同様の深さから巻いても疲れないロングハンドル 1号が200mまけるラインキャ …

第一精工の高速リサイクラーはすべての釣り人の必需品だと思っています。糸の巻き替え、巻き直しにこれが在るのと無いのでは天地の差があります!

シマノの防水クッションは、すべての時期で船釣りのオトモ。一番小さいサイズで大抵大丈夫です。冷えから守ってくれたり、エンジンの振動から守ってくれたり、寝るときに枕になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。